​New
​Archive

歌うピアノ教室

お久しぶりです。

今日はまじめなお話。笑

さて、最近はレッスンに加え、作曲・アレンジの仕事をしている境です。

実はヴォーカルのレッスンを行うことも増えてきていて、いろいろと学ぶところも多いです。

小菜実ピアノアカデミーでも、子供のレッスンでは歌をたくさん取り入れています。

やはり「歌う」ということは、

音楽的な面ではもちろんのこと、将来的にもすごく役に立つことだなと実感しています。

まず歌がうまい人というのは、話す声もいいことが多く、印象がいいと感じます。

知らない人と会ったときは、まず挨拶をするかと思いますが、それはつまり視覚の次に来るのは聴覚だということです。

メラビアンの法則というのを聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、実際の研究でも人の第一印象における耳からの情報というのは非常に大きなものだということが言われているわけなのです。

とはいえうちはピアノ教室。笑

歌がどうピアノに生きるかということですが、それはずばり音質です。

歌うということは抑揚があり、必ず大きくなるところと収まるところがあります。

その収まるところがわたしは大事だと思うのですが、子供やピアノを始めたばかりの方はどうしても全部が強くなってしまいがちです。

そこで、そのフレーズを歌ってみると息の流れ、どこで収める(簡単に言うと弱くする)かというのが感覚としてつかめると思います。

これは言葉では言い表すことが難しいので“歌ってみる”ということを取り入れているのです。

 長く書いてしまいましたが、つまりはピアノを弾く、ということはそれだけではないということです。歌ってみたり、知識をつけたり、動いて体験してみたり。

 それぞれの生徒さんにあったピアノの練習法、レッスンの進め方を一緒に考えながら進めています、という小菜実ピアノアカデミーの宣伝でございました。笑

 それでは、また。

​Konami Piano Academy

https://www.konami-pianoacademy.com/